家賃交渉の達人-家賃交渉のコツとポイント解説-

家賃は下がらないもの、と思ってはいませんか?

ケースバイケースですが、家賃は下げることができます。これは契約前はもちろん、入居後においても交渉によって家賃を下げることができます。

ただし「交渉」というのは相手との対話や討議によって合意に達することです。つまり、家賃交渉を行うには相手方となる不動産業者や大家さんとの間で討議を行い、合意の上で家賃等を引き下げるという合意に至る必要があるわけです。

 

こちらの都合だけを一方的に伝えるのは交渉ではありません。当サイトでは、家賃交渉を成功させる為のポイントをわかりやすくまとめていきます。また、「入居前の家賃交渉」「入居中の家賃交渉」についてもそれぞれのやり方やうまくいくコツをまとめます。

家賃交渉のコツとテクニック

家賃交渉のコツやテクニックを不動産業者としての経験から語っていきます。
家賃交渉できる物件、できない物件
家賃交渉が成功しやすい時期
こんな家賃交渉はNG
家賃交渉の前に抑えたい不動産用語

 

契約前の家賃交渉

交渉事を行うには適切なポイントとタイミングが重要です。ここでは家賃交渉を切りだすポイントやタイミング、どのような項目を交渉するのがお得なのかを解説していきます。
家賃交渉を始める前の事前調査
家賃交渉がしやすい物件・時期を狙う
家賃交渉を成功させるポイント
家賃交渉で交渉できる項目と引き出し方
家家賃交渉のタイミングと切り出し方

入居中、入居後の家賃交渉

意外と知られていないのが入居後の家賃交渉。入居後であっても家賃を下げてもらうという交渉をすることは可能です。ここでは、入居後にできる家賃交渉のコツやポイントを解説します。
入居中どういう物件が家賃交渉しやすい?
入居中、家賃交渉のタイミング

 

スポンサードリンク