家賃交渉の達人>入居中・入居後の家賃交渉

入居中・入居後の家賃交渉

家賃の値下交渉というのは賃貸の契約時に限らず、入居中の場合にも認められています。家賃は最初決めた家賃でずっと住まないといけないということはありません。入居した後でも家賃の変更というものは可能です。

このページでは入居中、入居後に可能な家賃交渉の方法やポイントなどをまとめていきます。

スポンサードリンク

家賃を下げることができれば大きな節約効果

家賃というのは一般的な家計では固定費の大きな部分を占めています。
そんな中で家賃を下げることができたらうれしいですよね。実は入居中の物件であっても家賃交渉をすることは可能です。

条件によっては大きく家賃を下げることができるかもしれません。

 

でも、そんなことは大家さんや不動産会社は一切口に出すことはありません。だって、自分が損することを大っぴらにする必要はないですもんね。

 

だからこそ、条件があえばぜひ家賃交渉をやってみましょう。

 

入居中どういう物件が家賃交渉しやすい?

入居後に家賃交渉がしやすい物件としにくい物件とがあります。また、契約前と同様に時期の問題も出てきます。ここではどういう物件が家賃交渉がしやすい物件なのかをまとめていきます。
>>入居中どういう物件が家賃交渉しやすい?

入居中の家賃交渉のタイミングは契約更新

入居中の物件で家賃交渉を開始するタイミングについて考えます。基本的には「契約更新のタイミング」が一番交渉しやすいといえます。逆に、賃貸業者におけるいわゆる「繁忙期」と呼ばれる時期の交渉は控えるべきです。
>>入居中、家賃交渉のタイミング

 

 

家賃交渉ができない物件(契約)もある

ちなみに契約書に「家賃の増減は行わない」と書かれている場合、これは家賃アップも要求しないが、減額も受け付けないという契約でこれは「有効」です。
そのため、契約書を確認してそういう文言があれば家賃交渉はあきらめましょう。そういった場合は素直に新しい物件を探した方がいいですね。

 

ただし「減額はしない」という契約書は消費者が一方的に不利な内容でありこれは法的に「無効」です。そういったケースでは家賃交渉することができます。

は気まずくなる可能性もあるのでご注意ください。

 

スポンサードリンク