家賃交渉の達人>契約前・入居前の家賃交渉

契約前・入居前の家賃交渉

交渉事というのは適切なポイントとタイミングが重要な要素になります。
実際に交渉に入るのは契約前が最も効果的と言われていますが、実際には物件を探している最中から交渉することを考えて行動していなければなりません。
つまり、不動産会社に出向く段階から交渉が始まっていると言っても過言ではありません。
交渉前に知っておいた方が良いポイント、実際に交渉を進めていく上でのポイントを見ていきましょう。

スポンサードリンク

家賃交渉を始める前の事前調査

家賃交渉をする上では、何も考えずに始めてはいけません。しっかりと事前に調査や検討しておくべきポイントがあります。ここを抑えておけば、家賃交渉をするときも有利に進めることができるでしょう。ぜひおさえておいてください。
>>家賃交渉を始める前の事前調査

 

家賃交渉がしやすい物件・時期を狙う

不動産には家賃交渉がしやすい物件としやすい時期というものがあります。急ぐ場合は別ですが、余裕を持って家探しをしているという場合は、家賃交渉がしやすい物件をしやすい時期に狙うというのもお勧めです。
>>家賃交渉がしやすい物件・時期を狙う

 

家賃交渉を成功させるポイント

家賃交渉を成功させる為の一番のポイントは相手の営業マンにかかっています。大家さんと交渉するのはあなたではなく、営業マンを通じてという形になるからです。ここでは家賃交渉を成功させる為のポイントをまとめます。
>>家賃交渉を成功させるポイント

 

家賃交渉で交渉できる項目と引き出し方

家賃交渉というと「家賃を下げてもらう」ということを目的とする方が多いですが、実は家賃以外にも交渉できる項目があります。場合によっては家賃はそのままで別のところをまけてもらうという方法もあります。

>>家賃交渉で交渉できる項目と引き出し方

 

家賃交渉のタイミングと切り出し方

家賃交渉を始めるタイミングや切り出し方、また実際に交渉する上でどのような点に気を付けておくべきかという点をまとめていきます。事前準備がしっかりとできていればある程度スムーズに進むはずです。
>>家家賃交渉のタイミングと切り出し方

 

新築物件と家賃交渉

新築の物件はもちろん家賃交渉は非常に困難でしょう。新築物件というのは周辺の賃貸相場を十分調べた上で建築されていますので、そう簡単に交渉には応じてくれるわけがありません。

但し、新築でも完成してから半年以上経過している物件は家賃交渉の可能性があるかもしれません。
なぜなら、不動産広告で新築と表示できるのは1年未満の場合です。1年を経過した物件は中古扱いになりますので、新築時の家賃では決まらないことが多いのです。言いかえれば新築というプレミアムがあってこその家賃設定なので、半年以上も空室が埋まらない物件の場合にはそもそも設定家賃に問題があるかと思われますし、物件のオーナーからみても早めに満室にしたいでしょうから、交渉の余地はあるでしょう。

 

 

 

スポンサードリンク