家賃交渉の達人契約前・入居前の家賃交渉>家賃交渉のタイミングと切り出し方

家賃交渉のタイミングと切り出し方

家賃交渉を始めるタイミングや切り出し方、また実際に交渉する上でどのような点に気を付けておくべきかという点をまとめていきます。事前準備がしっかりとできていればある程度スムーズに進むはずです。

スポンサードリンク

家賃交渉のタイミングは「申込前」がベスト!

家賃交渉をするときに、どのタイミングでどうやって切り出したらいいのでしょうか? 基本的には「物件申込前のタイミング」で行うのがスマートです。

 

いくつか物件を見て回って気に入った物件がでて、その物件に対して申し込みをしようかどうか?というタイミングですね。
申込後や入居審査後、契約直前などこれ以降になって家賃交渉を行うのは、不動産業者も大家さんも困る形になるので絶対にやめておきましょう。

 

逆に、物件を見ている最中のように、申込の意思が低そうな段階で家賃交渉を切りだしても不動産会社側も動いてくれません。

 

家賃交渉の切り出し方

具体的に、家賃交渉を切りだす方法は以下のような例が挙げられます。物件の状況などを考えて使い分けてください。 ポイントはあくまでも低姿勢に、またお願いする姿勢を崩さないこと。

 

①まずは家賃交渉の余地があるかジャブを入れてみる
切り出す前に軽くジャブを入れてみるのも手です。気にっているけどちょっと予算オーバーなんですよねー。と前もって話しておけば話も進めやすいです。

 

②予算オーバー
この物件、とっても気に入ったのですが、家賃がちょっと予算オーバーでして。57000円の家賃なんですけど、勝手なお願いですが52000円にまで何とかならないでしょうか?この金額まで下がったら申し込みます。
→値下げに応じてくれたら申し込むことを明確にしましょう。

 

②総額交渉
こちらの物件に決めたいのですが、礼金が2カ月となっていますが、ここについて何とかならないですか?引越の費用などもあって初期費用の面がちょっときついのです。もしくはフリーレントを付けるというのは無理ですか?
可能なら申し込みをしようと思います。
→家賃以外の礼金無料化やフリーレント獲得に動くのも手。

 

家賃交渉が成功したらこの物件に決めるという気持ちで交渉

まず、心構えとしては家賃交渉でこちらが望む結果が得られたらそれで契約するという気持ちであることが大切です。時々、家賃交渉で望んだ水準の回答が得られたのに「やっぱりやめます」という人もいるそうですが、あなたの信用を落とすだけです。絶対にやめておきましょう。

 

 

 

 

スポンサードリンク