家賃交渉の達人>家賃交渉のコツとテクニック

家賃交渉のコツとテクニック

住まいにかかる費用というのは家計の中でも大きな割合を占める固定費です。
それだけに家賃交渉によって家賃を下げることができれば、かなり大きな家計の節約効果をもたらすことができます。

その一方で家賃交渉は「交渉」です。闇雲に値下げしてほしいと一方的に要求しても通りません。かといって、正しい交渉のやり方を不動産屋に聞くわけにはいきませんよね。

 

このページでは家賃交渉を始める前に理解しておきたい家賃交渉のコツやテクニックについて紹介してきます。

スポンサードリンク

家賃交渉を始める前に

家賃交渉は相手と借り手との間での妥協点を見出すための交渉です。
そのためには、あなた自身がどんな場所やどんな部屋に、いつ頃から住みたいのかということをはっきりさせておく必要があります。また、入居中であれば大家さんとの今後の関係についても考える必要があります。

 

家賃交渉について、多くの大家さんも交渉されることをある程度覚悟しているとは思いますが、一切譲らないというタイプの方もいらっしゃいます。
家賃交渉ありきで、譲らず結局希望する家に住めなかったなんてことにならないように、相手のことも考えて交渉に臨むようにしましょう。

 

家賃交渉ができる物件、できない物件

家賃交渉はすべての物件でできるわけではありません。貸し手(大家さん)からすれば家賃を下げてでも入居してもらいたいと思える理由が必要になります。端的に言うとそれは物件の持つマイナスポイントです。このマイナスポイントを見つけ交渉材料とすることが家賃交渉のテクニックともいえます。
>>家賃交渉ができる物件、できない物件

 

家賃交渉が成功しやすい時期

家賃交渉は、タイミング次第というところも往々にしてあります。特に、大切なのは繁忙期と呼ばれる時期。この時期と探す時期、交渉する時期をずらすことによって家賃交渉の成功率も大きく高まります。
>>家賃交渉が成功しやすい時期

 

こんな家賃交渉はNG

家賃交渉は何度も書いていますが、「交渉」です。相手との合意を見つけるための討議なわけです。そのため、しっかりと相手のことを考えた上で交渉してく必要があります。ここでは、大家さんや不動産屋さんに嫌われる家賃交渉を悪い例として挙げます。こんな交渉をしてはまとまる家賃交渉もまとまりませんよ。
>>こんな家賃交渉はNG

 

家賃交渉前に抑えておきたい不動産用語

当サイトでは、家賃交渉に関して色々な不動産用語が出てきています。ここでは、家賃交渉と関連性の高い色々な用語を解説していきます。わかりやすく説明していくので、言葉の意味がわからないときなど、ぜひ参考にしてみてください。
>>家賃交渉前に抑えておきたい不動産用語

 

 

それでは、実際の物件に対する家賃交渉の方法やポイントを解説していきます。家賃交渉のやり方は「「入居前」と「入居後」とではやり方が全然違ってくるので、それぞれで分けて説明していきます。

 

>>契約前・入居前の家賃交渉
>>入居後・入居中の家賃交渉

 

 

スポンサードリンク